ちょうど1週間前から、とてもバタバタしていましたが、
なんとか明日から普通の生活に戻れそうです。


焼き菓子コフレのことも途中までしかご紹介できていませんでしたが、
順に続きをご紹介していきたいと思います。




スイーツ ラボ



今日は NHK文化センターのスイーツラボの日でした。


ブラジルプジンと、もう1つのメニューを迷っていたのですが、
グリペールと同じグリオッティーヌ・ショコラにしました。


IMG_0193






















(焼成前) ↑



材料のグリオットチェリーのコアントロー漬けは、スーパーマーケットで購入できません。
「手に入りやすい材料で」という講座のコンセプトがあるため、迷いました。


でもグリペールでレッスンをしてみて、簡単で可愛いことを実感し、
ぜひNHKの皆様にもご紹介したいと思いました。


09グリオット3






















↑ この写真は私が作ったもので、トッピングが控えめで寂しいですが、
グリペールの生徒さんはもう少し多めにしてクリスマスリースの用に可愛く仕上げてくださっていました。
この魅力をお伝えしたくなってしまって



それに、皆さんがグリオットチェリーを保管する時のことを想定して、
チェリーを冷凍してみました。


すると、

なんと


凍らない





アルコール度数が40度あるので、凍らないのですね。



常温保存で良いのかもしれませんが、心配であればジップロックの袋に入れて冷凍庫に入れておけば、
凍ることもなく、いつでも作りたいときに良い状態で作れます

これでれば家庭的だわと思い、メニューにすることに決めました




私は、レシピは財産だと思っています。
もし今すぐ作らないとしても、レシピさえあれば、作りたい機会が巡ってきたときにすぐに作ることができます。


グリオッティーヌ ショコラは、ギフトボックスなどに加えても良いですし、例えば結婚式の最後に皆さんにお渡しするお菓子としてたくさん作られても良いですし・・・。




こちらも東京在住の講師のお仲間Y様に教えていただいてレシピです。
有名店パティスリー ドゥ シェフ フジウのレシピがオリジナルだそうです。

→ *パティスリー ドゥ シェフ フジウ(東京、高幡不動)



フジウシェフの講習会は、私も1度受講したことがあります




ブラジルプジン





今日はNHKのオーブンでプジンを焼き、レッスン中はまだ冷めなくてその時の温度と時間で大丈夫だったかどうか、見届けていただくことができませんでした。


その後・・・



NHKの皆さま、無事焼けていました


IMG_0200
























170℃ 30分
160℃に下げて30分


電気オーブンの方は、この温度と時間で試してみてください





では今夜もクリックをお願いします。

↓クリック↓

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村