昨日は白馬方面へ車を走らせたので、途中「CHILLOUT STYLE COFFEE」と「美麻珈琲」に立ち寄りました。

カフェブームがくるずっと前からある、有名な自家焙煎珈琲のお店。
どちらも以前に生徒さんから教えていただきました。

ご存じの方もきっと多い有名店です。



チルアウト スタイル コーヒー(穂高有明)




IMG_2328





















1人がけのゆったりとした心地よい椅子が特徴的。
↓ ちゃんと写っていません


IMG_2321






















「カフェの椅子、心地良いランキング」ナンバーワンです
個人的に。


IMG_2328



















美味しいコーヒーがマグカップいっぱいに。



ゆっくりと本でも読みながら過ごしたい。
(PC作業とかは、向かない感じ)

こんなにたっぷりのコーヒーなのに、さらに300円でおかわりができるのですって。
ますます長居したくなる。
でもたった5席。 お客さんも次々来る・・・。
ゆっくりしたら申し訳ないような。


大きなチョコチャンククッキーも美味しそうでした。


また時間があるときに、「美味しいコーヒーとチョコチャンククッキーと読書・・・。」
これやりたいな。 平日にしよう。


ケーキと違って、コーヒーの美味しさについてはなにも語れません(専門外)




美麻珈琲 (大町市美麻)




IMG_2343




















こちらもとても雰囲気が良い人気店。


IMG_2337




















こちらもゆっくりとしたいけれど、次々お客さんが来るので、
あまりゆっくりするのは申し訳ない感じ。


IMG_2340




















リンツァートルテを頼んでみました。



ヘーゼルの粉、シナモン、本来はレッドカラント(ふさすぐり)のジャムで作る
オーストリアのお菓子

日本ではラズベリージャムを使用する場合が多く、こちらもラズベリージャムでした。



ちょうど収穫時期を迎えるラズベリー。
なにかラズベリーのお菓子を作りたいな、と考えていたので、
リンツァートルテはビンゴです


リンツァートルテの出来たては、サクサクで香りが良くて、
天にも昇るほど美味しい、と自分で作っては思っていました。


ただジャムが入るため、サクサクは長続きしません。
それが残念で、リンツァー風はレッスンしたものの、
リンツァートルテの名ではレッスンをしていませんでした。


美麻珈琲でいただいたものは、深いタルト型で生地が厚い。
そもそもサクサクの生地でなく、しっとり系。


私も今度はこのような感じでしっとりタイプで仕上げてみようと思います。


ヒントをもらってきました



珈琲と良く合うお菓子です





という訳で、欲張って有名店2店、立ち寄ってきました。
どちらもまたリピートしたいと思うお店でした




今夜もまた、ぜひクリックをよろしくお願いします。

↓クリック↓

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村