緊急事態宣言が全国で解除となりました。
でもまだこれから段階的に緩和をして、第二波の発生を食い止めなければなりません。

新しい生活様式に頭を切り替え、少しずつ暮らしの中の楽しみの幅を広げていきたいですね。




グリペールでは、6月から試食も再び始めたいと考えています。
そのため今日はテーブルの上に置く、透明なパーテーションを購入しました


まさかこんなことをする日が来るとは、と思うようなビックリなパーテーション


でもまずは、新しい生活様式でデキルことから試していけばよいかと思って。



お披露目の日を楽しみにしていただけたらと思います






水切りヨーグルトを使ったアントルメ




生徒さんから、2010年8月に習った「サマー・ディライト」3回作りましたとメールをいただきました。


過去のアルバムを遡ってみました。


08サマーディライトホール






















サマーディライト   こちらです ↑




水切りヨーグルトを使ったアントルメ。



08サマーディライト






















ボトムはダックワーズ生地。


中には、バニラ、カルダモン、クローブでマリネをしたパイナップルのコンポートが入っています。


生徒さんは、
お酒にも合うと大人に好評です
手が込んで入るように見えて、でも簡単で3回作りました」 と仰っています




う〜ん、食べたい
いつか作って、通信レッスンをしたくなりました。
ただいま、いろいろ立て込んでいますので、いずれ・・・ということで



08カップ























カップスタイルもできるようです。
(ようです・・って、もう10年前で忘れている。 写真を見て思い出しました


08シトラスゼリーB






















同じパイナップルのコンポートを使って、フルフルゼリーもご紹介していました。
(忘れていましたが

これも夏に良さそうですね


パイナップルのコンポートは、想像しただけで美味しそうです





全粒粉のパイ生地


生徒さんからのメール第2段。




先日ブログに書きました、南青山のカフェBuikのようなパイを作りたいです
リクエストをいただきました。


20180427191628s















わぁ、魅力的



ぜひ作ってみたいです。




パイ生地は全粒粉なのですって




今グリペールは、tofuマフィンで全粒粉がブームです。

このパイも試作したいと思います



(やるコトいっぱい・・・





06クロスティーニ















こちらは昨日のブログに挙げたシチリア風に作ったクロスタータ

Buikのパイも、こんな感じで編んであるようですね




試作します





合体作戦


生徒さんからのメール第3段。


05レッスン4






















今月のミニクグロフのレアチーズケーキを通信レッスンされた生徒さんから、

手持ちのクグロフ型の中心が私のように窪んでいるのではなく、完全にドーナツのようにあいています。どうやって作ればよいでしょうか? 

とご相談をいただきました。



IMG_7593b






















私の型、この窪みにマンゴーソースを流すことができますが、生徒さんの型は底がないので
ソースを流すことができません。


レッスン中に、
「このようなコトで、生徒さんが困っていらっしゃるのですけれど、何かイイ案はあるでしょうか?」と投げかけましたら、


ある生徒さんが帰宅後に考えてくださって、
「ボトム生地を別に作って凍らせて合体させたらいかがでしょうか?」
(もっと詳しく書いてくださってありました)

とわざわざメールをくださいました


すごーーーい
ありがとうございます
優しいなぁ・・・




早速ご質問をくださった生徒さんにメールをすると、
また彼女も早くて、「早速やってみました、大成功です」と。



(生徒さんのお写真)
IMG_2134














ドーナツのように中心が穴になります。


IMG_2135














ボトム生地の配合を変え、より強固にしてソースが漏れないようにされたそう。
さすが


(生徒さん作)
IMG_2136



















大成功

お見事です




私は、面倒な作業になりそうですし、ソースが隙間から漏れるリスクもあり、
難しいのでは・・とあきらめモードだったのに、

お2人とも素晴らしいです




家庭では、型や道具や材料が、お教室と同じようには揃わない場合もありますよね。
工夫って大切ですね


工夫してアレンジできるところも、家庭のお菓子の良いところですね





さて、今夜も最後にクリックをお願いします。

↓クリック↓

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村


ありがとうございました。
ではまた明日。