先日の土日と祝日の今日は、チョコレート作りをしていた方が多かったことと思います。

お疲れさまでした

上級レベルの生徒さんの中には、数日に分けて200個作ったという方や、4枚、5枚と作った方もいらして、
写メが届いています



何枚もでなくても、1枚であっても大したものですよね
大成功でした  とか、ケースが厚くなってしまったけれど、でもピカピカとか、
ご報告をいただき、嬉しく思っています。


皆さん、頑張りました




私は、レッスンをしたり午後は春のケーキの試作をしていましたが、
やはりまだもうちょっとチョコレートを作りたいなぁと思っています。

冷凍しておいて、折に触れて誰かにプレゼントしたり、自分で食べたりしたいですよね。




さて、今月のレッスンでは、クリームチーズのトリュフを作っています。


02チーズトリュフ1






















試食タイムに、
ワインが欲しい〜 との声が上がっています。


そうですよね   ワインに合いそう




偶然ですが、先日レストランでとても美味しいデザートワインに出会いました。


ソーテルヌ






















ソーテルヌという、フランスのボルドー地方の貴腐ワインです。


これとクリームチーズトリュフ、合うだろうなぁと脳内でマリアージュしています。




ソーテルヌとブルーチーズは定番の組み合わせですので、
トリュフの一部をブルーチーズにアレンジもしてみたい




私は、もう10年ほど前になるかと思いますが、
デザートワインのセミナーを何度か開催させていただきました。


久しぶりにちょっとだけ語らせていただきます。


貴腐ワインには世界三大貴腐ワインと呼ばれるものがあります。

・ フランスのソーテルヌ

・ ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼ

・ ハンガリーのトカイ




今回のソーテルヌは、世界三大の1つという訳です。

ちなみに私は、ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼを飲むことを主目的に、ドイツのワイナリー巡りを
した経験もあります。



比較的数多くの極甘口ワインを飲んできたと言えるのですが、
今回のソーテルヌは、またリピートしたいと思う美味しさでした




帰宅してから、同じ銘柄をネットで購入できるかどうか調べました。

ホタテ貝のマークが目印の、「シャトー・ルーミュー」




ありました
しかも、普段私がよく買っている「トスカニー」というイタリア食材のお店にあったのです。



 
お勧めでございます




私は、「レ コパン ドゥ ドミニク ブシェ」 という、お店でいただきました。

ブログ用






















(一番左がソーテルヌ)


こちらのお店は、「ドミニク ブシェ トーキョー」 というミシュラン2つ星のフレンチレストランが手掛ける
ビストロ(いわばカジュアル・ライン)です。  
このお店自体も、ミシュランのビブグルマンを取得しています。


このお店のチョイスでもある訳ですから、私の感想以上に信憑性があると思いませんか。



デザートワインは、普通のワインと異なり開栓後2〜3週間は味が変わりません。
ゆっくりといただくことができます。


ホームパーティーに、ソーテルヌとクリームチーズトリュフというメニューはいかがでしょうか?


02チーズトリュフ2














ソーテルヌ






















ネット上の架空のセレクトショップ、「セレクトショップGRIS」でも、
こちらのソーテルヌを取り扱いさせていただきます


「セレクトショップGRIS」 → *カテゴリートップ





今回のシャトールーミューのソーテルヌが買えるリアルなショップ「トスカニー」(イタリア食材のお店)も
お勧めです。    ↓ ↓








私がリピ買いしているイイモノをご紹介しようと思っていましたが、
眠い・・・。 午前1時半。

すみません、続きは次回にさせてください。


おやすみなさい。