マカロン・パリジャンのレッスン、初日。

実習も成功を収め、全員、可愛く膨らみました!

フランスの色粉のニュアンスもバッチリで、オトナ可愛いショコラとピンクのマカロンが、
次々誕生しました。

みなさんの笑顔が嬉しかった☆

1

 

 

 

 

 

 

乾燥中。 ↑

アシスタントのmikiさんも、お疲れさまでした。
レッスンのサポートと同時進行で、大量のマカロンの乾燥具合、焼き具合を、1人でチェック、管理してくれました。

 

賑やかな時間が過ぎ、皆さまがお帰りになると、入れ違いに、フェリチタァの中瀬シェフが、コラボレッスンの打ち合わせにお越しくださいました。

胸が高鳴る、ホントにステキなメニューに決定しましたよ!!
しかも、家庭で作れる「本格派」ねらい。

 

リストランテのメニュー以上に、イタリアンってバラエティーに富み、奥が深いと実感しました。
後日改めて、メニューをお知らせします。 (今夜はまだ、忙しすぎる私・・・)

 

シェフは、イベント前に「3日ほど、イタリアに行ってきます。」と。
私: 「まあ、またずいぶんと簡単に仰いますね。」
シェフ: 「ええ、アリタリアに乗れば、13時間でローマに着きますから。

似てますね〜、その時間感覚、距離感覚。

 


さて、明日は待望の、プチ・サロン・ド・ショコラ@グリペール のイベント当日。

午前と午後の2回戦。 
こんな、興味深いチャリティー・イベントができて、嬉しいな。

 

パートナーの淑江ちゃんは、先日の夜中の打ち合わせの翌朝東京へ発ち、今夜松本に戻り、明日のイベントを迎えるという、超ハード・スケジュール。
でもやっぱり、「2泊3日で、バーッと行ってくるだけですから♪」と涼しい顔。

ココにもいました。 ドイツも、松本も、東京も、気軽にスイスイ移動できる人種が。

ふふ、グローバルなお仲間とのお話は、刺激的です!