今夜10時過ぎに淑江ちゃん(ドイツから一時帰国中。 プチ・サロン・ド・ショコラを一緒に開催します)から電話が・・・。

じゃ、今から来れる? 打ち合わせしましょう!」ということになりました。

私:「ノーメイクだけど良い?」
淑江ちゃん:「私もノーメイクで行きます。」って感じで。

 

ショコラは、素晴らしいラインナップです。

 

メゾンドショコラの出世作、フランボワーズ風味の「サルバドール」
「神々しい」とまで言わせるショコラを作る手腕。

パトリック・ロジェ「カラー」
ライムのボンボンですが、18個入りで15,700円。 
憧れでした。

 

ピエール・マルコリーニの「キャレ」は、薄くて、噛むとトロッとフィリングが出てくる、作る技術があってこそのショコラ。

淑江ちゃんが、回って一番良かったというジャン・シャルル・ロシューは、日本未上陸ですし。

他にもまだまだ・・・。 9種類のご用意です。


また紅茶は、紅茶好きの淑江ちゃんが、やはり総合力で、改めてココだと思う、というマリアージュ・フレール
1600年代から、茶葉を扱っていた、伝統、そしてレベルの高さ。

 

中でも、「ダージリン・アリアローズ」は、お高いけれども、やはりこの逸品をショコラと合わせて欲しいと、チョイスしてくれました。

人気の「モンターニュ・ドール」は花の香りで、こちらも楽しみ。

1


 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

パリから買ってきてもらった、ラデュレのフェーブ
近年のヒット!とのこと。 カワイイ☆

(ちなみに35ユーロ)


さてさて、イベント用に、これから少し資料を作成します〜♪