来週に迫った「サロンペーレ」


少人数による実習型レッスンのあと、おもてなし風のご試食タイムをお愉しみいただく、ちょっと贅沢なレッスン。

今回のメニューは、「ガレット デ ロワ」

1

 

 

 

 

 

 

フランスでは、1月になると、ショーケースに必ず並ぶお菓子です。
(いまや、東京もそう。。。 先日も、パリセヴェイユの綺麗なガレットデロワを眺めてきたばかり。)

 

見て見て〜・・、とばかりに、フェーブです。
ホント可愛らしい。。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガレットデロワの中に1個だけ、忍ばせます。
フェーブが当たった人は、その日王様になり、紙の王冠をかぶり、祝福を受けます。


とても美味しい、パイ菓子のガレットデロワ。
フェーブが隠された、楽しいお菓子!

1人1台製作し、お持ち帰りしていただきます。

今日mikiさんが、12人分のパートブリゼ(パイ生地)をもくもくと仕込んでくれましたよ〜。

1

 

 

 

 

もう1品、こちらもフランスの伝統的なデザート、「ポ ド クレーム」
ショコラ・バージョンで召し上がっていただきます。


1月を祝うフランスのお菓子を、手作りで味わいましょう!