1

 

 

 

 

紅玉を入れたミルリトンです。

私は自分で作る、このミルリトンが大好き。
なんと言っても、りんごが紅玉であることが、重要なポイント。

紅玉は、お菓子を美味しくする「とびっきりのりんご」・・・だと思っています。
信州は、りんごの種類が豊富です。
その中で、紅玉だけは別格。
また、蜜の入った美味しい紅玉が手に入る環境です、ココは。

 

もう1つ、ミルリトンを美味しくするポイントは、シルフォームというメッシュ状の型を使うこと。
(10月25日のブログ参照)
極上のタルト生地に仕上げてくれます。

 

さて、ミルリトンは、フランスの地方菓子
ノルマンディーのルーアンという都市で、昔から作られている家庭的なタルトレットのことです。

本場ノルマンディーにも負けない、信州のミルリトンを、ぜひ紅玉の季節にレッスンしましょうね♪  (来年になってしまいますが・・・)