2

フランス人マダムのお宅で、マダムたちに混ざってのアトリエ・キュリネール。

(フレキシパンのお料理レッスン)

 

 

1

 

2

 

 

 

 

3

1

 

 

 

 


1

 

5

 

 

 

 

 

楽しくおしゃべりしながら、手を動かしているうちに、あっという間に5品出来上がりました。
どれもすごく簡単
なのに、見栄えのするスペシャルなお料理に見える

コレよコレ、「楽しく美味しく」、まさに私のテーマだわ!!

流れるように作り上げたあとは、ワインを何本も開けてのランチタイム。
すっごく貴重なひとときでした。

 

簡単で美味しい、秘密を盗んできましたよ!
「コレ便利!」と思ったお道具は、その場でしっかりオーダーしてきました。
次回のレッスン時に、秘密兵器を披露しますね。

 

 

次は、ルノートルで、オピウムというグロゼイユ(房スグリ)とポピーシードのアントルメのレッスン

6

 

← これがグロゼイユ。

日本では、飾りくらいにしか使わないので、興味津々。

 

7 

1人1台制作
← MINAKO作 (ちと雑だなあ・・・)

 

 

シャンゼリゼ通りに面した素敵な立地。
設備も万全。
生徒はフランス人3名と日本人の私1名、計4名という贅沢さ。

そうそう、これ↑、シブーストなのです。珍しいですね。

 

 

1

 

ジャーン、こちらは第3番目のレッスン。(個人の先生のところで)

ローズ・シャルロット

 

 

ローズウォーターといちごの組み合わせが新鮮でした。

2

市販品のビスキュイ ド ランスを使って超簡単!

 

 

 

 

3これがビスキュイ ド ランス
シャンパーニュ地方ランスのお菓子。
つまりはピンク色のフィンガービスケット。

シャンパンに浸して食べるのがご当地流。
でも、そのまま食べても美味しいのです。

 

2年前、シャンパーニュ地方をドライブしたので、思い出の味に再会。
でも、パリでも簡単に手に入ります。

1


バラのクリスタリゼ。

かっわいい〜☆

 

 

 

すべて、フランス様式(?)なので、これからアレンジが必要。

この手軽さを大切に、ルセットを作ります!
きっと、素敵なレッスンができると思います☆